検索

文字サイズ

キービジュアル

新着情報

助成金情報

令和3年度 福岡市社会福祉協議会 奉仕銀行寄付金助成事業

応募対象

福岡市内に活動拠点をおく社会福祉分野に携わる当事者団体等で、法人格を持たない団体等または特定非営利活動法人で下記の要件を満たす団体等。

(1)活動実績が1年以上ある。

(2)法人格を持たない団体等または特定非営利活動法人である。

(3)団体の構成員及び利用者の3分の2以上が福岡都市圏の居住者である。
(なお、福岡都市圏とは、福岡市・筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川市・古賀市・宇美町・篠栗町・志免町・須恵町・新宮町・久山町・粕屋町・宗像市・福津市・糸島市のことをいう。)

(4)平成30年度~令和2年度において奉仕銀行の配分を受けていない。

(5)令和元年度~令和2年度に共同募金会の配分を受けていない、もしくは令和3年度に受ける予定がない。


※当事者団体とは福祉ニーズを抱える本人たちの集まりのこと。障がいのために、本人たちが直接活動できない場合などは当事者に準ずる親の会・家族の会も含む。

(例)
障がい者(児)の家族の会
地域生活支援センター
障がい者福祉サービス事業所   など


※令和3年度に法人格を取得予定、または、取得された団体は対象外。ただし、特定非営利活動法人は対象。

対象事業

備品購入又は新規に行う事業に係る経費等

(1)備品購入費
・家電購入等の保証料、システムやコピー機などの保守料は除く。
・申請団体の活動場所で使用・管理する備品に限る。
 利用者及び職員の私的な使用のために、購入することは認められない。

(2)新規事業費

・申請団体が主催し、社会福祉の向上を促進する事業が対象。
ただし、他団体主催の研修への参加費用や旅費交通費など、また、会員だけが参加するレクリエーションなどの親睦目的の場合は、対象外。
・福岡市外で研修事業等を実施する場合も対象となるが、宿泊費用は対象外。
・複数施設合同で実施する新規事業については、中心となる1施設からの申請とする。
・複数年事業は初年度(令和元年度)にかかる事業経費のみが対象。
・営利を目的とする事業は対象外。

※申請は、備品購入費、新規事業等のいずれか一方のみ。
※助成決定よりも前に実施した備品購入・事業は、助成の対象とならない。

助成金額

備品購入については上限25万円
新規事業については上限5万円
(対象事業にかかる経費の1割以上は団体負担であること)

※令和3年度配分合計上限額は190万円程度を予定。

助成期間

運営委員会で選考のうえ、令和3年9月以降に決定し、同年9月~10月以降交付予定。

申込方法

所定の申請書・役員(構成員)名簿に必要事項を記入し、添付書類とともに下記へ提出。

申込期間

令和3年3月15日(月)~令和3年5月14日(金)

申込書請求先及び問い合わせ先

福岡市社会福祉協議会 総務課総務係


■住所
810-0062
福岡市中央区荒戸3丁目3-39 福岡市市民福祉プラザ4階
■電話番号
092-751-1121
■ファックス
092-751-1509
■メール

sohmu@fukuoka-shakyo.or.jp

お問い合わせフォーム

※新型コロナウイルス感染症予防のため、申請書類の提出は原則郵送で受付。(不備等があった場合は、後日事務局から連絡。)
※ご案内・申請書は窓口で配布、もしくは下記からダウンロード。
 ・令和3年度募集案内(PDF)
 ・申請書(Excel)

その他

助成決定後、やむを得ず申請内容に変更が生じた場合は、直ちに本会に連絡すること。連絡なく変更した場合は、助成金の返還を請求することがある。