ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
新着情報
最新ニュース
講座情報
催し物情報
採用情報
現在位置 トップページ > 新着情報/最新ニュース一覧 > 最新ニュース詳細
最新ニュース
福岡市保育士人材確保事業(一部改正あり)
2017年3月17日
福岡市保育士人材確保事業が一部改正となっています。
最新の情報は以下となっています。
ご確認をお願いします。

●事業内容
保育士の離職防止や潜在保育士(保育士資格を有するが、保育士として勤務していない方)の
再就職支援を目的に資金を貸付け、保育人材の確保を図るものです。

●貸付制度を利用できる方
(1)未就学児がいる保育士の子どもの保育料の一部貸付事業
以下の@またはAいずれかの要件を満たす方。ただし、保育士として週20時間以上
勤務すること。(※1)
@未就学児がいる保育士で、福岡市内の保育所等に新たに勤務する方
A福岡市内の保育所等に雇用されている未就学児がいる保育士であって、
産後休暇・育児休業から職場復帰する方

(2)就職準備金貸付事業
以下の@〜Bすべての要件を満たす方。ただし、保育士として週20時間以上
勤務すること。(※1)
@保育士登録後1年以上経過した方、又は保育士登録が行われてからの期間が1年未満の
方のうち、養成施設の卒業若しくは保育士試験の合格から1年以上経過した方。(※2)
A以下の施設又は事業を離職後、1年以上経過した方。または勤務経験のない方。
 保育所、幼保連携型認定こども園、家庭的保育事業、小規模保育事業、事業所内保育事業、幼稚園
B福岡市内の保育所等に新たに勤務する方

●貸付資金の種類と貸付額
福岡市内の保育所等で保育士として新たに就職する方や職場復帰する方を応援するため、次の2種類の貸付事業があります。
(1)未就学児がいる保育士の子どもの保育料の一部貸付事業
     保育料の半額とし、月額27,000円以内
(2)潜在保育士に対する就職準備金貸付事業
     200,000円以内とする。但し、貸付申請日の属する年度の前年度の1月における職業安定業務統計による福岡県の保育士の有効求人倍率が全国平均を超える場合は、
400,000円以内とします。(※3)

●制度の基本事項等 
 (1)連帯保証人 1名(原則、県内居住し、かつ独立の生計を営む成年者であること。)
 (2)利 子   無利子
 (3)返 還   2年間市内の保育所等に勤務した場合、貸付金の全額が返還免除となります。
          免除とならない場合は、就職準備金は、1年以内(最長2年以内)で返還し、
保育料の一部貸付は、貸付期間の2倍(最長、貸付期間の4倍)に相当する
期間で返還となります。

※下線波線部分の(※1)〜(※3)までは、平成28年10月11日以降に保育士として勤務開始している方が対象となります。平成28年4月1日〜平成28年10月10日までに勤務開始している方は、(※1)は、週30時間となります。また、(※2) (※3)の適用はありません。

●問い合わせ先
 福岡市社会福祉協議会 生活福祉課
 住所:福岡市中央区荒戸3丁目3番39号 福岡市市民福祉プラザ(ふくふくプラザ)4階
 電話番号 :092−751−1121  ファックス:092−751−1509
 詳しくは下の「福岡市保育士人材確保事業詳細はコチラ」をダウンロードしてご覧ください。
最新ニュース一覧に戻る
 このページのトップに戻る
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る