ヘッダー部分を読み飛ばし、コンテンツへ移動する
事業・サービス案内
地域福祉
地域福祉ソーシャルワーカーの配置
安心情報キット配付事業
緊急時連絡カード事業
高齢者・しょうがいしゃ
日常生活自立支援事業
住まいサポートふくおか
ずーっとあんしん安らか事業
やすらかパック事業
成年後見事業
福祉用具リサイクル斡旋事業
リフトカー貸し出しサービス
ボランティアセンター
子育て
ファミリーサポートセンター
地域の子どもプロジェクト
福岡市母子福祉会芙蓉基金(ふようききん)ひとり親家庭等福祉振興助成事業
貸付制度のご案内
生活福祉資金貸付
福岡市保育士人材確保事業
福岡市ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付事業
その他
ふくふくプラザの管理運営(ホームページへ)
民間社会福祉事業従事職員福利厚生共済制度
社会福祉施設に対する利子補助
後援名義使用申請について
社会福祉相談援助実習の受け入れ
現在位置 トップページ > 事業・サービス案内 > 福岡市母子福祉会芙蓉基金ひとり親家庭等福祉振興助成事業

福岡市母子福祉会芙蓉基金(ふようききん)ひとり親家庭等福祉振興助成事業

福岡市母子福祉会芙蓉基金(ふようききん)ひとり親家庭等福祉振興助成事業とは

ひとり親家庭等が孤立することなく生活できる地域社会の形成を支援することを目的として、ひとり親家庭や社会的養護が必要な子どもたち等の福祉を増進し地域で支える取組み、ひとり親家庭を含む子ども・子育てに関する先駆的な取組みに対し、助成を行います。
 このページのトップに戻る

助成対象団体

活動している会員数が3名以上の、次のいずれかに該当する、福岡市内で活動する、社会福祉分野の団体等。

  • (1) 当事者団体
  • (2) ボランティア団体
  • (3) 地域団体
  • (4) 教育・研究機関団体
  • (5) その他、ひとり親家庭等を地域で支える取組みを行う団体等
また、次の要件をすべて満たしている団体。
  • 定款、会則等を備えていること
  • 本事業において、明朗な会計・経理を実施・報告できること
  • 宗教または政治活動を目的としていないこと
※ただし、特定非営利活動法人(NPO法人)以外の法人格を有する団体は除きます。
 このページのトップに戻る

助成対象事業

当該年度中に実施する、次のいずれかに該当する事業。

  • (1) 当事者や住民が中心となって取り組むひとり親家庭等を支える地域づくりに資する事業
  • (2) ひとり親家庭等を支える地域づくりに資する調査・研究事業
  • (3) その他、地域の様々な福祉ニーズに対応した事業で、本助成事業の趣旨に合致する事業(例:生活に課題を抱える世帯に対する学習支援や食育等)
  • ※ただし、福岡市外で実施される事業や営利を目的とする事業、他の補助金・助成金の交付を受けた事業、事業の大部分を第三者に委託したり資金を交付したりする事業、介護給付等のサービスの対象となる事業は対象となりません。
 このページのトップに戻る

助成金額

(1)当事者や住民が中心となって取り組む事業  
   単発事業   上限10万円
   継続事業   上限15万円
(2)調査・研究事業 上限30万円
  • 単発事業・・・1回から数回程度の取組みを一時的に開催するような事業(例:夏休み期間中に数回程度子どもが集まって宿題をする場を設ける 等)
  • 継続事業・・・一定期間定期的に連続して事業を開催したり常設したりする事業で、申請時に事業を開始しておらず、原則として次年度以降も引き続き実施を予定している事業(例:毎週土曜日集会所で寺子屋(学習支援)を実施する 等)
  • ※ただし、助成額は、事業に要する経費の9割の範囲内とします。
  • ※助成の回数は、原則として年1回とし、当該年度の事業経費として交付します。
  • ※助成対象経費は、事業を実施するために必要な経費(謝金、旅費、賃借料、消耗品費、印刷製本費、通信運搬費、会議費、保険料等)とします。ただし、団体メンバーに対する人件費・講師料、事務所等で恒常的に使う備品の購入費用、申請した事業に直接関係のない費用等は対象となりません。
  • ※同一内容の事業の申請は3か年を限度とします。継続事業については、連続した期間での申請を行った場合のみ複数年助成の対象とします。
  • ※継続事業の2年目以降の助成額は、助成上限額を逓減します。
  •   (1)の事業 (2)の事業
      2年目 10万円 15万円
      3年目 5万円 8万円
 このページのトップに戻る

申し込み方法

福岡市社会福祉協議会及び各区社会福祉協議会で配布している「助成金申請書」に記入の上、必要書類を添付して下記問い合わせ先まで提出してください。
(持参、郵送等)
  • ※所定の書類の欄はすべて記入すること。未記入欄、記入の不備がある場合、審査対象外とすることがあります。
  • ※助成金の使途については、見積書等の添付の必要はありませんが、できる限り正確な金額と積算根拠を示してください。
  • ※原則として、申請後の内容変更はできません。申請前に十分検討の上記入してください。
  • ※提出された書類は、選考結果に関わらず返却いたしません。
  • ※申請に要する経費は、すべて申請者の負担となります。
 このページのトップに戻る

募集・受付から審査から交付までの流れ

(1) 第1次審査募集    
  募集・受付期間 前年度の2月上旬〜3月下旬
  審査 当該年度の4月上旬〜中旬
  審査結果通知 当該年度の4月中旬〜下旬
  助成金交付 結果通知後、請求書の提出から3週間〜1か月程度
(2) 第2次審査募集    
  募集・受付期間 当該年度の4月上旬〜9月下旬
  審査 当該年度の10月上旬〜中旬
  審査結果通知 当該年度の10月中旬〜下旬
  助成金交付 結果通知後、請求書の提出から3週間〜1か月程度
  • ※当該年度の締切期日等の詳細は、本HPの「助成金情報」でご確認ください。
  • ※募集や審査等のスケジュールは変更となる場合があります。
  • ※申請希望者は、事前に市社会福祉協議会または各区社会福祉協議会にお問い合わせください。その後、申請書類をお渡しいたします。
  • ※事業終了後は、所定の報告書に必要書類を添付して提出していただきます。
  • ※選考の過程及び内容についての問い合わせには応じておりません。
  • ※助成が決定した場合、団体名・代表者名・助成内容を公表することがあります。

関係書類ダウンロード

募集要項 申請書・報告書様式(見本)
 このページのトップに戻る

事業に関する問合わせ先

福岡市社会福祉協議会 地域福祉課
電話番号 092-720-5356
ファックス 092-751-1524
メールアドレス メールフォームはこちら
 このページのトップに戻る
Copyright(c)2008 福岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved. このページのトップに戻る